ユーザ用ツール

サイト用ツール


wiki:unity:asset:itween:001

001 iTweenの使い方

概要

iTweenを使えば位置やスケールなどをパラメータの設定で簡単にアニメーションすることができます。

アセットのインストール

アセットストアからhttps://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/84 こちらのアセットをインストールします。

移動

// 2秒かけてVector3(10, 0, 0)の位置まで移動する 
iTween.MoveTo( gameObject, new Vector3(10, 0, 0), 2.0f ); 

回転

iTween.RotateTo( gameObject, iTween.Hash( "y", 180, "time", 3.0f ) ); 

拡大縮小

iTween.ScaleTo( gameObject, iTween.Hash( "scale", 2, "time", 4.0f ) ); 

ハッシュテーブルを使う

Hashtable table = new Hashtable();	// 事前にハッシュテーブルを用意しておく。 
 
table.Add( "x", 100 ); 
table.Add( "y", 50 ); 
table.Add( "time", 10.0f ); 
iTween.MoveTo( gameObject, table ); 

コールバック関数の登録

アニメーションの開始、動作中、終了時に呼ばれるコールバック関数を登録することができます。

Hashtable hash = new Hashtable(); 
hash.Add("x",  10 ); 
hash.Add("time",  3 ); 
 
// アニメーション開始時 
hash.Add("onstart", "OnStartCallBack");		// コールバック関数名 
hash.Add("onstartparams", "Start");		// コールバック関数に渡す引数 
hash.Add("onstarttarget", gameObject );	// コールバック関数を実装しているgameObject. 
 
// アニメーション動作中 
hash.Add("onupdate", "OnUpdateCallBack"); 
hash.Add("onupdateparams", "Update"); 
hash.Add("onupdatetarget", gameObject ); 
 
// アニメーション終了時 
hash.Add("oncomplete", "OnCompleteCallback"); 
hash.Add("oncompleteparams", "Complete"); 
hash.Add("oncompletetarget", gameObject ); 
iTween.MoveTo(start, hash ); 
 
// 開始時コールバック 
public void OnStartCallBack( string message ) 
{ 
	Debug.Log( message ); 
} 
 
// 動作中コールバック 
public void OnUpdateCallBack( string message ) 
{ 
	Debug.Log( message ); 
} 
 
// 終了時コールバック 
public void OnCompleteCallback( string message ) 
{ 
	Debug.Log( message ); 
} 

値を変化させる

// 2.0秒かけて値を0~100まで変化させる。 
iTween.ValueTo(gameObject, iTween.Hash("from", 0, "to", 100.0f, "time", 2.0f, "onupdate", "ValueChange")); 
 
void ValueChange(float value) 
{ 
    Debug.Log(value); 
} 
wiki/unity/asset/itween/001.txt · 最終更新: 2015/12/13 10:32 by step